やばっ!ゲシュタルト崩壊の危険性・その対処法を解説します。

不思議な現象

ゲシュタルト崩壊。そんな言葉は聞いたことはありますか?

知っている人も知らない人も、この現象には恐ろしい危険性が潜んでいることを知っていますか?。

このゲシュタルト崩壊とその危険性、

対処方法をお教えしたいと思います。

ゲシュタルト崩壊って?

まずは、ゲシュタルト崩壊ってなんなの?

そんな人の疑問に答えていきたいと思います。

少し思い浮かべて欲しいのですが、こんな経験ありませんか?

「走」

この漢字は「ソウ・はし(る)」と、普段なら「走る」「走行」といった意味で使う言葉ですね。

しかし、しばらくこの漢字を見ていたり、多用していたりすると、「走って漢字はこんな形をしていたっけ?」という感じがしてきませんか?

まさにこのような現象を「ゲシュタルト崩壊」といいます。

ひとつのまとまりとして、認識していたものが、バラバラに切り離されたものとして認識されてしまうために起きてしまう現象だといわれています。

みなさん。こんな経験人生で一度くらいは経験したことがありませんか。

実はこのゲシュタルト崩壊。危険性が潜んでいることを知っていますか?

その危険性についてこれから紹介していきます。

詳しく知りたい方はこちらから見てみてください。

漢字のゲシュタルト崩壊現象とは何でしょうか? | 日本心理学会
公益社団法人日本心理学会の公式ホームページ

ゲシュタルト崩壊の危険性って何?

さて、ゲシュタルト崩壊についてはわかりましたか?

ここからは、ゲシュタルト崩壊に潜む意外な危険性について紹介します。

鏡に向かってお前は誰だ?と言い続ける

こんな話は知っていますか?

鏡に映った自分の目を見ながら、「お前は誰だ?」と一日数回問いかける。
それを何日と続けると、次第に自分が何か分からなくなり最後には発狂してしまう。

鏡に向かって、「お前は誰だ?」とただ問いかけているだけで、発狂してしまうのです。

これは、ある一種のゲシュタルト崩壊で、自分という塊が、自分である事を見失ってしまうが為に起きてしまう状態だそうです。

ここまで、説明しておいてなんですけど、絶対に試してみようとか思わないでください!

分かりやすく説明してあるのを見つけたので、下の動画を観るのもいいかもしれません。

なんか、怖い感じになりましたが、知らないでやるより、知っててやらない方がいいので折角なんで覚えておいてください。

夢を日記に書く

今から説明するものは、ゲシュタルト崩壊とは少し違うのですが

日々、夢を見ると思います。

一度は夢を覚えておいて誰かに話してみたい!と思ったことはありませんか?実は危険を含んでいるかもしれないので、ここからの話をきちんと聞いておいてください。

タイトルに書いてある通り、夢の内容を日記につけます。

できるだけ具体的に書き続けることを毎日続けると心理状態が悪くなります。

要は、「夢と現実の判断がつかなくなる」のです。

本来、睡眠中の脳は起きている間に記憶した物事を整理させる働きを行います。

それを、夢で起こったことも記録していくと、寝ている間も新しい記憶を取り込む動きをしてしまいます。

要は脳がずっと起きている状態になり、脳が疲れ、その動きに支障をきたしている状況と言えるでしょう。

こちらも、どこかで聞いた話だと、双極性障害になったなんて話を聞きます。

ゲシュタルト崩壊とは少し違う話ですが、やらない方がよさそうですね。特に小さいときにやってしまう可能性がありますので、教育には気をつけたいですね。

謎解き超常現象(4) [ ASIOS ]

価格:1,527円
(2021/5/3 23:55時点)
感想(0件)

対処法ってあるの?

さぁ。ここからは対処法です。

このゲシュタルト崩壊は、脳が疲労して疲れている状況です。

要は、少しその場から離れて全く違うことを考えたり、休むことが対処法になります。

また、再発防止としては、ゲシュタルト崩壊という言葉を意識していると起こる可能性が高くなりますので、あまり考えないことですね。

身も蓋も無い事をいっているかもしれませんが、ゲシュタルト崩壊が起きてきたら休むサインだと思って休みましょう。

まとめ

こんな風にゲシュタルト崩壊について紹介してみました。

日ごろ起きる現象としては、なかなか頻度の高いものだと思いますが、意外と危険性が潜んでいます。

現象についてよく知っておきましょう。

知っているということは財産であり、糧となります。

まぁ、あんまり気にせず気楽に頑張っていきましょう!

超心理学 封印された超常現象の科学 [ 石川幹人 ]

価格:3,080円
(2021/5/3 23:54時点)
感想(0件)

なんか、頭から音楽が離れない!そんな人はこちらもどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました