【SAO プログレッシブ】もう一つの始まりの物語

アニメ

 SAOといえば、もう幅広く知られる有名な作品となりました。

 最近、SAOのアンダーワールド編がアニメでも完結しました。

 非常に良い作画とストーリーが織りなす、素晴らしい作品だったと思います。

 ここで、タイトルに戻るのですがSAOには始まりの物語がもう一つあります。

 それが、キリトともう一人の主人公アスナの物語です。

 そんな「SAO プログレッシブ」を少し紹介しようと思います。

商品画像4【送料無料】ソードアートオンライン DVD Blu-ray アインクラッド編 フェアリィダンス編 全話 川原礫 SAO ライトノベル 異世界 バトル ファンタジー アニメ ギフト プレゼント 【新品】価格:8,480円
(2020/11/22 11:46時点)
感想(0件)

SAOの始まり

 SAOといえば、私はアニメの始まりしかわかりません。

 アニメのテンポも速く、気づいたら75層くらいにたどり着いていて、アインクラッド片は終了したというイメージです。

 確かに、第一層のみはかなりしっかりと描かれていて、最初のボス戦なんかはドキドキしました。ディアベルはん…。とか思いながら、キリトとアスナの連携には心躍るものがありました。

 そこからは、主要人物が出る回がしばらく放映されて、テンポよく話が進んでいきました。

 サチ、リズ、シリカ、クライン等魅力的なキャラクターが登場して、それぞれのストーリーが繰り広げられています。

 結局は、詳しく描かれないまま血盟騎士団の話になり、一気にストーリーは動き出しました。

 その点、ゲーム等をやっていると関係性が見えてきたりして楽しかったりするのですけどね。

 そんなこんなで、完結したアインクラッド編は、どのシリーズでも何かしら因縁を残しています。デスゲームだったのも結局SAOだけでしたからね。アンダーワールドはキリトはそうだったかもしれませんがw。

 この因縁が基本的には、後のシリーズで明かされていき、そんな話があったんだという感じで進みます。ラフィンコフィンなんかはそれに当たるんではないでしょうか。

 こうやって思い返すだけでも楽しい感じが出ていますが、じゃあプログレッシブでは何が描かれるの?ということを次にお話ししようと思います。

プログレッシブ

 今回、このブログを書こうと思った理由もこのPVをみたからになります。

 正直私も初めは、プログレッシブって何?と思いながら、PVを観ていましたが、見ると驚きを感じました。

 PVを観る感じだと、アスナがSAOの中で生きていくことを決意するという内容の話に見えます。

 ということは、絶対にキリトは出てくるし、SAO組は深くストーリーに関わってくるのではないかと思います。

 もう、SAOをクリアするということはわかっているのですが、その詳しい内容を知れるというのはファンとしては嬉しい限りですね。

 第一層や、飛び飛びで話が合った時とは違い、2層や、アスナはどう動いていてキリトとどうかかわっていたのかも書かれるみたいです。

 私もアニメしか見ていない人なので詳しいことはわかりませんが、面白い事間違いなしです。

 制作は今をときめくA-1pictursなので期待も持てます。

 少しアンダーワールド編の最後のほうが、失速した感じを出していたので、このプログレッシブで息を完全に吹き返してほしいなと思います。

 劇場版になるみたいなので、作画や出来には期待をしていますが、尺は足りるんでしょうか?私はちゃんとキリトとアスナのイチャイチャもみたいですよ(真顔)

 と言いつつ紹介もこの辺にしておこうと思います。

 最後に有名な言葉

 「これは、ゲームであって遊びではない」

【取寄せ品代引き/カード支払いのみ】【コミック】ソードアート・オンラインプログレッシブ新品1-7巻全巻セット【1万円以上の御注文で送料無料】【ラッピング対応不可】【取寄せ品 代引き/カード支払いのみ】【コミック】ソードアート・オンライン プログレッシブ 新品 1-7巻 全巻セット【ラッピング対応不可】価格:4,400円
(2020/11/22 11:47時点)
感想(0件)

最後に

 ここまで読んで頂きありがとうございます。

 正直、すごく楽しみです。アスナとキリトの第一層もしっかりと描きなおされるでしょうし、作画もきれいになる事間違いなしです。あの一期の作風もファンタジー感があって私は大好きなんですけどね。

 そして、結局、こんな風に作品は続いていって、途切れないということが私は嬉しいんだなと最近感じるようになりました。

 終わるが花ともいえるし、続くのも花なんだなと感じます。

 こんな風に期待を持てる「SAO プログレッシブ」

 あなたも期待して待ちましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました