【海外の反応シリーズ】心理学的に考えてみました!

Uncategorized

 海外の反応シリーズ、この動画シリーズを観たことがあるだろうか。

 気づいたらずっと見てしまうんですよね。

 反応が面白い。それだけでなく、日本との違いを感じる。感受性が豊かなのか、言葉の違いなのか。ちょっと自分なりに考えてみました。

まずは、動画

 とりあえず、最近私のおすすめ動画に上がっていた、海外の反応シリーズを載せておきます。

 なんというか、驚きの方向性が違うというか、オーバーリアクションというか、少し感心すらしています。

 人に感動を伝えることは難しいことだと思います。しかし、こうやって少し動画を観るだけでも、この人たちは人に感動を伝えることが出来ているのだと感じます。

 このオーバーリアクションというのは、日本で行うと、ただ恥ずかしいだけでやる意味はあまりりません。ある一部の人間を除いては。

 人間が、恥ずかしいと感じる場合は人と違う行動を行っているときです。詳しくは違うかもしれませんが、大体あっていると思います。しかし、考えてほしいのですが一部の人間は大きなリアクションをとることが仕事の人がいます。

 テレビに出ている人や、YouTuberなんかはそれにあたるのかもしれません。それは、周りも同じことをしており、何もしない方が浮いてしまうためです。

 ここまでを読んで気づいているかもしれませんが、だから日本人はオーバーリアクションがとりずらいのです。ある程度、人生を歩んでいるあなたは気づいているかもしれませんが、日本人は和を重んじるため、オーバーリアクションをとることが出来ないのです。

 羞恥心、周りと浮く恥ずかしさ、嬉しさを隠すことが是とされてきた時代。それらすべてが、感情を支えています。

 ここまでの話を聞くと、海外の反応シリーズの皆さんも、YouTuber的な位置にいる人じゃないかと思っています。それは、間違いなくそうです。よってそういう訓練をされている人なのかもしれません。

 ただ、バイアスにかかっているだけかもしれませんが、それでも海外の人たちはオーバーリアクションの気が強いと感じます。

 果たして本当にそうかどうかは置いておくとして、オーバーリアクションは我々を驚かせてくれる。これが、海外の反応シリーズを面白いと感じさせてくれる要因だと考えています。

これって何故?

 じゃあなんで、海外の反応はオーバーリアクションなの?

 それは、日本語という言語に原因があると私は考えています。

 どうして?そう思ったことでしょう。ずばり!私の考えを言うと、語彙力の差だと思っています。

 ストレスから逃れる術の一つと紹介されている語彙力の増加も、この関係性に響いていると思っています。

 言葉一つでも、色々な表現があると思いますが、日本語には造語もたくさんあります。

 楽しいという一言をとっても、高揚する、盛り上がっている、愉快である、気分がいいなどいろいろな表現をすることが出来ます。確かにenjoyやinterestingなど面白いを表現する言葉が海外にないわけではありませんが、日本語は圧倒的にそれが多いと思います。

 これが、オーバーリアクションの差だと思います。言葉をたくさん知っているほど、自分の状況を説明することが細かにでき、怒るという感情一つをとっても、どのくらい怒っているか語彙力で説明できるようになります。

 海外の人たちは、驚くという感情を表現するときには、3つ、4つくらいしか言葉がないのだろうと私は勝手に思っています。(多分)

 これは、自分でも発見でした。日本人でも、語彙力がない人は頭が悪く見られますからね。

 この現象の何が怖いかというと、心理的不快な状況により、頭が本当に悪くなる可能性があることですね。私ももっと、国語の授業をちゃんと受けておけばよかったと少し後悔しています。

 ちなみに、心理的不快な状況というのは、精神と行動が一致していない時のことを言います。

 例えば、頭では課題をやらないと思っていても、実際に行動をおこして課題をやっていない時の感じです。一度は体験したことがあるのではないでしょうか。

 これが、肥大すると、精神が行動の方に引きずられて本当に課題をできなくなる可能性がでてくるというのがヤバい状況です。

 こういう状態を回避するためにも、語彙力は役に立ちます。

 みんな、言葉はたくさん知っておくんだゾ(半泣き)

何が言いたかったの?

 ここまで読んでくれてありがとうございます!

 今回の話では、海外の反応シリーズから行動の不思議を簡単に自分なりに紹介しました。

 案外役にたつ話だったのではないかと思います。

 心理的不快な状況というのは、体に悪影響を及ぼします。ただ、使い方を考えるとよい方向にも行動を移すことが出来ます。つまり、体を先にポジティブに動かすと、精神がついてくるということも考えられるということです。

 それにしても、海外の反応シリーズは面白いですね。なんというか頭が空っぽになります。それがいいのか悪いのかは、わかりませんがw。

 まあ、今回ストレスや感情の使い方を語彙力で動かすということを説明しましたが、そういう本はたくさんあるので、一応紹介しておきます。

大人の「語彙力」ノートひと言変えるだけで印象が100%変わる[齋藤孝]大人の語彙力ノート 誰からも「できる!」と思われる [ 齋藤 孝 ]価格:1,430円
(2020/10/2 23:34時点)
感想(22件)
マンガでわかる大人の語彙力[斎藤孝]マンガで身につく 大人の語彙力 [ 齋藤 孝 ]価格:1,210円
(2020/10/2 23:34時点)
感想(1件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました