【ぼっち】博物館へなんとか一人でたどり着いた話(心理学)

Uncategorized

 引きこもりに外出は厳しいのです。基本的には一人で過ごす方が楽しい。そういう人種です。それでも、偶にどこかに行きたくなります。

 今回それで、博物館の方に赴きました。

 正直、かなりつらかったですが何とか楽しめはしたので、紹介します。

 ちなみに、偶に来る心理学シリーズです。

まず、たどり着くまでがw。

 正直あまり外に出ていないと、公共の交通機関を使ってどこかに行くのがつらいというのもあります。

 外に出るのが死ぬほど嫌というわけではないので、仕事は主に外で動く仕事の方をしています。健康のために。今となっては、かなり後悔はしていますがw。

 そんなこんなで、普段車で動いている私には難関が訪れました。今は絶賛研修で、普段住んでいるところではありません。博多駅で迷子になりました。心の余裕がありませんでした。

 まぁ、何回か乗り換えをするだけなので、よく考えればそんなに難しくはないんですけどねw。たどりつけてよかったです。

 ということで、今回行ってきたのは、

 「九州国立博物館」です。太宰府にある太宰府天満宮の近くにある博物館です。

 まあ、太宰府天満宮もすぅーっといってきました。

ここで今回の経緯

 じゃあ、なんで今回博物館へ向かったのか。

 それは、純粋に暇だったからです(デデン!)。

 嘘です。嘘です。まあ、半分くらいはそれがあるのですがw。

 本当の目的というと、脳の働きをよくするためです。ここから少し心理学の情報が入ってきます。説明しますね。(心理学じゃなかったらごめんなさいw)

 人間が、休みの日に何をすればよいのかという研究から得たものなのですが、休みの日には少し新しいことをするとよいのが、脳に良い影響を与えるそうなのです。

 ソースはちょっと忘れましたw。

 この研究が言う新しい事というのは、心が少し不安になる事を乗り越えることが出来ればよいとのことです。

 これ出来るかな?やったことないけど出来るかな?ぐらいの簡単なことでよいです。実際後から考えると、めっちゃ簡単やん。と思えるくらいのことがちょうどよいのです。

 今回の私を例に考えると、不安なことが、たどり着けるかな。一人で大丈夫かな。チケットはどういう買い方なんだろう?くらいの不安です。

 このような問題は、やってみると何とかなるものです。実際終わってみれば、意外となんとか行けたな。という感じです。

 ということですから、いきなり引きこもりの人が海外に旅行にいくとかなると、刺激が強すぎて逆効果になるので、気を付けてくださいね。

 悪魔でも、今の自分でこれはちょっと不安だなと思うことをクリアしていくことが、良い頭の刺激になります。

 まあ、こういうことが知識として頭に残っていたので実行できたという感じですかね。

 ちょっと暇なら、一人で行動するのも良い頭の刺激になりますよ。

意外と楽しい

 結果として思ったことは、意外と楽しいということです。

 普段インドアでも、少しは楽しめます。正直一人で、太宰府天満宮をお参りしたのは厳しかったですが、これもよい経験だと思っています。

 行く前はあまり乗り気ではありませんでしたが、博物館をみて回ってみると思いもよらない面白さがあります。

 今回の面白さは埴輪です。

 ちょっと、色々なホーム画面にしたいですもん。一応言っておきますが、これは撮影OKなところで見つけたものですよ。

 まあ、そんなこんなであまり今の時期外に出られませんが、一人で歩く分には何の問題もないので、博物館とかに行ってみるのはいいかもしれません。

 じっくり説明を読んでいると、2時間くらいは過ぎていました。まわりに、ぼっちの仲間もいっぱいいたので、そこが救いではありました。向こうは多分そうは思っていませんがw。

 最後に一言。

「他人は変えられません。自分が変わるから相手が変わるのです。」

 そう思って、私は生きています。こうやって行動することが人のためになりますように。

なんて、格好つけておわりますw。読んでいただきありがとうございました。

かわいいミニ埴輪トリオセット1かわいいミニ埴輪トリオセット【送料込】【送料無料】価格:1,500円
(2020/10/10 22:05時点)
感想(10件)

多分役に立つ、他の心理学シリーズもどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました