「仕事を辞めたい!」「やる気が出ない!」あなたを邪魔する恐ろしい現象(10選)

不思議な現象

仕事を辞めたい!やる気が出ない!

そう思っても行動できない…

そんなことよくありますよね。そんなあなたに悲報です。

行動したいあなたを邪魔する恐ろしい現象がたくさん存在します。

今回はその中から10個紹介します。

その存在を理解して、行動できるようにしましょう!

あなたの行動を邪魔する現象(10選)

意外と知られていない恐ろしい現象って多いんですよね。

その中でも、知らないうちに邪魔されている。そんな現象を紹介していきます。

マイナーなものが多いかもしれませんが、ゲシュタルト崩壊等、有名なものは他で紹介しています。

そして、どう行動していったら良いのか。あなたに伝授します。

アンダーマイニング効果

アンダーマイニング効果とは、

簡単にいうと「報酬を与えられるとやる気がなくなる」効果です。

例えば、

地域に貢献したいと思い始めたボランティア。
そのボランティアを行っているあなたに報酬が出ることになりました。
しかし、以前まで地域に貢献したいと思っていたあなたの意欲はなくなりました。

このような事が起きるのが、アンダーマイニング効果です。

これは、報酬がもらえるようになったことで、報酬が出ない活動には参加する気がなくなってしまったことから起きてしまうのです。

この現象のどこが、あなたの邪魔しているか分かりますか?

つまり、元々の行動理由を見失っているということです。

あなたは、何故仕事を辞めたかったり、行動できなかったりしているのですか?

きっと、元々思っていたことと今の行動が噛み合っていないのではないでしょうか。

本来、考えなければならないことを考えるように行動しましょう。

アンダーマイニング効果とは?起こる原因や対策を紹介 | ブログ | ハイジ | 無料で使える組織サーベイ・組織改善ツール
ハイジはサーベイ調査から従業員が不満に感じている組織の課題点を可視化し、組織改善を定点観測できるサービスです。「働きつづけられない」理由となっているハイジーンファクターを15要素に分解し、それぞれの現状を数値化することで、改善すべき問題の原因と対策の優先順位を明確にします。

リンゲルマン効果

リンゲルマン効果とは

「作業人数が増えるほど手を抜いてしまう」効果です。

あなたも経験していませんか?

例えば、

綱引きをするとします。
当然、人数が多い方がより大きな力が出ると思いますよね。
しかし、人数が増えるにあたって一人当たりの発揮される力は減少するのです。

人が増えてくると、別に自分がやらなくてもいいか…

そう思ってしまうのです。

つまり、「集団になるとつい怠けてしまう現象」です。

きっと、会社に所属しているとプロジェクトの人数が増えていっても、力は発揮できないということですね。

また、会社にいればなんとかなる。そう思わせる危うさもあるのです。

同調現象

名前だけで、あなたを邪魔するものが分かりますね。

そう、同調現象とは

周囲と同じ行動をとることに安心感を覚える」ことです。

この現象に関しては、非常に覚えがあります。

誰かと一緒に行動していれば、その人についていく方が遥かに頭を使わなくて済みます。

つまり、その行動が間違っているとしても、その危うさに気づかない可能性が出てきます。

今、あなたが所属している組織は、間違っていないと胸を張って言うことができますか?

今、あなたが迷っていることは、何もしないのが正解ですか?

人間は楽な方に流される生き物です。しっかりと意思を持ちましょう。

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む転職の思考法 [ 北野 唯我 ]

価格:1,540円
(2021/6/1 01:42時点)
感想(15件)

確証バイアス

確証バイアス。

簡単に説明すると

自分の期待を補強する情報しかみえなくなる」ということです。

例えば

車が欲しいなと思っていたら、
自分が調べていた車が目に付くようになったり
車の情報が耳に入ってきやすくなります。

よく経験しませんか?つまり自分のほしい情報しか、目に入ってこなくなるのです。

早く転職をしたいなら、転職についての情報がよく入ってきたり、転職サイトが目に入りやすくなります。

それと同時にその情報が否定されているものがあっても、自分の情報を信じたくなるので、肯定的な意見だけが頭に入っていきます。

かなり危険現象です。今の現状が良いと思っているのだったら、何も問題はありません。

その現状が本当に良ければの話ですが…

第三者視点で考えるよう意識してみてください。

ツァイガルニク効果

ツァイガルニク効果?

これはちょっと聞き覚えのない効果ですね。

簡単に説明すると、

出来たことより出来なかったことの方を覚えている」という効果です。

今までを振り返ってみてください。

ちょっとした些細なできなかったことをずっと引きずることはありませんか?

こんな風に、仕事にしろ何にしろ、すでに完了してしまったことより、まだ完了していない事や、結局、完了することができなかったことの方が気になったり、印象深く記憶に残っていることの方が多くなると、失敗した経験が強く残ってしまいます。

失敗した経験が強く残って、他の場所にいっても活躍できない。

そう思ってしまうと、行動が出来なくなってしまいます。

今、自分が出来ることを確認して、それを確実に実行していくことで、不安は消えていきます。

まずは、できることを増やしていきましょう。

1時間で歴史とビジネス戦略から学ぶ いい失敗 悪い失敗【電子書籍】[ 鈴木博毅 ]

価格:1,650円
(2021/6/1 01:43時点)
感想(0件)

現状維持の法則

読んで名の通りです。

いつもと違う行動をとることを面倒くさく思ってしまう法則です。

思い返してみてください。

自分の毎日の行動を振り返ると、かなりの割合で同じ行動をとっていることが多くありませんか?

同じような朝食をとり、昼食で行く店もほとんど決まった中の一つ、その店で注文するメニューも同じ、といった具合になっていませんか。

また、マーケティング手法のひとつに「お試し無料サービス」があります。

例えば、サプリを一ヵ月無料でサービスするといったものです。

いったんサプリを飲み始めると、途中でやめることに抵抗を感じるようになる心理を利用した販売手法です。

こんな風に、今の現状を継続しようとするのが、行動の妨げになります。

特に新しいことを始めようという時は、この現状維持の法則が邪魔になります。

今の現状を変えたいのであれば、まずは昼食を変えてみるなど、小さなことから始めてみましょう。

返報性の法則

返報性の法則とは、

恩を受けたら、自分も返さなければならないと思う

ということです。

つまり、GIVEの精神ですね。世の中上に行く人ほどギバーと呼ばれるグループに属しているといわれています。

誰かに、GIVEするとそれが巡っていつか帰ってくると知っているから、GIVEをするのでしょね。

詳しく書いてある本を紹介しておきます。

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 [ アダム・グラント ]

価格:1,980円
(2021/6/1 01:10時点)
感想(16件)

ならば、何故これが邪魔になるのでしょうか?

要は、上司から恩を受けたから返さないと動けない。

のような、マインドに陥ってしまう可能性があるということです。

もちろん、上司に受けた恩は返すほうが良いでしょう。しかし、それは今の環境でなければできませんか?他に移っても、連絡をとればいつでも恩を返すことはできます。

まずは、自分の事を一番に考えましょう。

フォールス・コンセンサス効果

フォールス・コンセンサス効果とは

「皆、自分と同じように考えている」と思い込むことです。

この考えを持つのはよくありません。

人は無意識に、自分の考え方や行動は一般的で、大人数の人が自分と同じ考え方や行動をすると思っています。

つまり、文字通り「誤った合意」ということです。

しかし。人と同じことをしていても人生は好転しません。

多数派にいると安心してしまう気持ちはよくわかります。

現状を変えたいのは何故ですか?

今より、楽しくいきたい、条件の良いところで働きたい。

そういった想いが、今のあなたを作っているのではないですか?

実際、成功している人は上位5%の人。その人たちの行動をまねた方が上手くいく可能性が高いでしょう。

客観視する。それが一番の近道です。

選択肢削減の法則

選択肢削減の法則とは

選択肢が多いほど余計に迷ってしまう」現象です。

少し、想像してみましょう。

ドリンクメニューに
コーヒーと紅茶の2種類がある店
コーヒーだけでも10種類ある店
どちらが、よいでしょうか?

なんとなく、10種類ある店のほうが魅力的に感じませんか?

私もそうです。

実際、それは店のブランディングであったり、売りであったりするので、人の感性でしょう。

しかし、こと人の話となると話は別です。

あまりにも選択肢が多いと迷ってしまうのです。

つまり、今後どうなっていきたいか。選択肢が多いと、行動に迷いが生じる可能性がとてもたっかうなります。

また、「後悔をしたくない」という、いらない悩みも出てきます。

そういった可能性を排除していくことが、あなたが行動するために必要なことです。

選択肢は、なるべく絞りましょう。

転職するにしても、ある程度絞っておかないと、行動を起こす気にもなりません。

まずは、退職するか。すぐ転職するか。その2択から考えるのがお勧めです。

セルフハンディキャッピング

セルフハンディキャッピングとは

行動することにおいて保険をかけておくことです。

例えば、

明日テストがあるのに、部屋の掃除をしてしまっている。
大事なプレゼンが控えているのに、他の仕事を優先している。

等です。

要は、自分の行動が成功しても失敗しても、何かしら自分の納得できる理由を作っておくことです。

これが行動の邪魔になるのは

今仕事が忙しいから、転職するのはもう少し後にしよう
本業に力を入れたいから、副業はやめておこう。

そういう考え方になってしまいます。

失敗する行動に理由をつけないで、成功する理由を作って、道筋を作る事が近道です。

セルフハンディキャップについては以前解説しているので、良ければそちらの記事をどうぞ。

現状を変えたいあなたへ

きっと、この記事を読んでいるということは

現状を変えたい。少しはそう思っているのではないですか?

人間は生まれ持ったものは変えられない。そう考えてしまいます。

それは、歳をとるにつれて強くなっていきます。

しかし、性格や容姿も今は変えることが出来ます。

ならば、現状を変えることは確実に可能です。

今回は、色々な現象があなたを邪魔しているということを説明しました。

ただ、結局はどれも同じような事を言っているのが分かったでしょうか?

人間は、楽な方楽な方へと流れていきます。それは、誰しもが思っていることです。それとどれだけ上手く付き合っていくかが、人の運命を決めます。

「仕事をやめたい」「やる気がおきない」

それは、どれもが克服することが出来ます。他の現象も理解して、人生を好転させていきましょう。

この記事が少しでも良いと思ってくれたら、下のグッドボタンを押してくれると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました